クラブ・パブとは|業種案内|東海版|風俗求人OVER30  -30代からの女性高収入バイト-

東海版

総合HOME東海版 TOP

業種案内 > クラブ・パブとは

クラブ・パブとは

イメージ
クラブ・パブには多様な種類があります。
 
・キャバクラ
・クラブ
・セクキャバ
・ガールズバー
・スナック、などなど..
 
基本的には「カンパイワーク」で、仕事をする上でお酒を飲める飲めないは関係ありませんが、飲める女性の方が時給は良くなります。(ドリンクバックなど)
 
★キャバクラ
衣装はドレス系が多く、お客さんの横に座ってタバコに火をつけたり、お酒を提供したりしながら会話するお仕事です。
★セクキャバ
セクシーな衣装(お店によってはキャミソールなど)を身にまとって接客するお店です。
★ガールズバー
女性はバーテンダーとして働くため、お客さんの横に座って接客、などはありません。カウンター越しの接客が基本です。
★スナック
店主(ママさん)と少数の女性、または店主(ママさん)だけで経営しているケースが多く、キャバクラなどに比較するとアットホームな雰囲気があります。
 
衣装の関係でセクキャバが一番風俗よりの印象がありますが、風俗サービスはありません。
 
<メリット>
・風俗サービスが無いので、知らない男性との身体の接触が苦手な女性でも働けます。
・ルックスだけではなく、コミュニケーション能力も指名獲得の大きな判断基準になります。
・お酒が強いと更に高収入を狙えます。
 
<デメリット>
・お酒を進められる、または率先して飲んでいくため、飲んだ分だけ体に負担がかかります。
・営業形態によっては深夜翌朝などまでのお仕事になるので、時間的な負担も大きい。
・風俗店に比較するとシフトの自由度は低い(指名や予約が入ることが多いため)
 
 
(一般的なキャバクラなど)時給2,000円~3,000円※高級店で時給5,000円
(クラブ)高級店は日給2万円~4万円、庶民的なクラブで時給4,000円~5,000円