「写メ面接」と「通常の面接」の違い|風俗求人豆知識|中国・四国版|風俗求人OVER30  -30代からの女性高収入-

中国・四国版

総合HOME中国・四国版 TOP

風俗求人豆知識 > 「写メ面接」と「通常の面接」の違い

「写メ面接」と「通常の面接」の違い

イメージ
面接と言えば面接担当者とマンツーマンで過去の経歴やお仕事の内容の説明などを受ける時間です。

通常は面接するお店の事務所内や、お店の近くの喫茶店などで行なうことが多いのですが、出稼ぎなど遠くから働きに来る女性の場合、面接だけ受けにくることが簡単にはできません。
 
そこで、携帯電話で撮影した数カットの写真や過去に撮影した写真などをお店に送り、後はメールやSNS上で経歴を送ったり仕事内容の説明をしたり、というのが「写メ面接」と言います。
 
審査基準の厳しいお店ですと写真の段階で採用の可否判断がでます。
 
また、最近ではWIFI環境が整っていればカメラ通話での面接、という手段も可能になりました。

こちらの場合は写メだけでの面接よりも実際にどのような女性か把握しやすいので、面接の精度も高くなっています。

女性としても、どのようなスタッフが働いているか、想像するよりも実際に見ることができるので良いことではないかと思われます。
 
※スマホのスペック(能力)やアプリの進化で写真の加工も簡単にできるようになっているので、写真だけでの判断はできないこともあります。
 
なお、当サイトでも応募時に写真を添付する「写メ応募」機能を備えていますので、応募の際にご活用ください!
2018年12月08日 10時52分