風俗求人豆知識|中国・四国版|風俗求人OVER30  -30代からの女性高収入-

中国・四国版

総合HOME中国・四国版 TOP

風俗求人豆知識

事前モニターチェック

イメージ
万が一、家族や知り合いがお客さんが付いてしまう危険性を回避するために、女性がお客さんを事前に確認できるシステムが「モニターチェック」です。ソープランドや店舗型ヘルスなどの建物内で完結する業態で多く採用しています。
また、受付にお客さんが来店する「ホテヘル」でも採用している店があります。
 
待合室に設置されているカメラを中継し、女性は別室に用意されたパソコンなどの専用機材で見ることができます。
 
デリヘルなど、電話だけでプレイまで成約完了してしまう業態の場合、モニターチェックはできませんが、身内バレの危険性を回避するため、入店時に予め「NGエリア」を設定し、家族や知り合いに遭遇する可能性があるエリアを回避するようになっています。
2019年06月10日 12時46分

風俗で稼げないのはなぜ?

イメージ
風俗業とはサービス業。つまりお客さんに喜んでもらえるサービスを提供することが指名にも繋がり稼ぐための一番の近道なわけですが、まれに「その日の気分で接客態度が悪い」「もともとの性格上笑顔で接客できない」などサービスの質が悪い女性がいます。

風俗業界ではこのような女性のことを「地雷」と呼び、次回はもちろんお店自体にも来なくなってしまう可能性があります。
 
たとえば、買い物に行った時に接客スタッフの態度が悪いとしたら購入意欲は減退しませんか?
 
どんなに体調が優れなくても、気分が乗らなくても、割り切って良いサービスを提供できる女性が集客力のある女性であると言えます。
 
ルックスの良し悪しの影響が全く無いとは言えませんが、サービスが良ければルックスに自身のない女性でも稼げるのが風俗業界。
お客さんに次回指名してもらうためにも、笑顔で誠実なサービスを心がけましょう。
 
※「稼げない理由」はこれだけに限定されるわけではありませんのでご注意ください。
2019年05月10日 11時51分

副業・ダブルワークに関して

イメージ
風俗店の売上を左右するのは女性の在籍数、と言っても過言ではないこの業界では、一般の職業との副業やダブルワークでしたら掛け持ちとは全く意味合いが異なり、風俗店では問題なく歓迎されます。(昼は普通のOLで夕方少しの時間だけ風俗店でアルバイト、など)
 
 
少しの時間(2~3時間)でもいいから勤務してほしいというのがお店の本音。
もちろん、稼げるから風俗の仕事をメインに、と女性の気持ちが変わってくれれば最大級の成功です。
 
なお、副業やダブルワークとことなり、同じ業界での掛け持ちは風俗店では殆ど好まれません。
たしかに、風俗業界で働くのであればいろいろなお店での待遇や収入の差を比較したいという女性もいらっしゃるとは思います。
例えば、A店に勤務しながら全く関係のないB店にも所属し勤務する、という形ですが、でも実はこの掛け持ちスタイルをお店が好まないのには下記の理由があります。
 
「A店で付いたお客をB店に引っ張られる可能性がある」
 
お店としては広告費を支払ってお客様を呼んでいるので、せっかく来たお客様、しかもリピーターになるかもしれない有望株を漁夫の利的に他のお店に奪われることはいい気分がしないどころか憤りを感じますよね。
さらに利用回数の多い会員ですら引っ張られる可能性があるとしたら。。。
 
悪どいお店ではわざと女性に掛け持ち勤務させてお客を引っ張る、なんて事もあり得るのです。
もちろん、発覚した場合は即退店などのペナルティーがありえます。
 
多数店舗を運営する大手グループでしたらグループ店舗内で「掛け持ち」できるノウハウもあるので一度相談してみる価値はありそうですね。
 
2019年04月09日 19時09分

指名制度

イメージ
お客さんが好みの女性を指定することを「指名」と呼びます。
 
本指名
一度遊んだ女性と再度遊ぶ場合は「本指名」となり、支払い料金に本指名料金が別途加算されます。
 
ネット指名
インターネット上で女性を選び、電話で指名することを「電話指名」と呼びます。顔出しOKの女性以外はネット上では基本的にモザイク(顔隠し)ありです。
 
写真指名
受付のあるお店の場合、受付だけでモザイク無しの女性の写真を見ることができます。写真を見て指名することを「写真指名」と呼びます。
 
お店により指名料も違えば、女性への指名料バック率も異なりますので、詳しくは気になるお店に直接お問合せください。
※逆に指名がない場合を「フリー」と呼び、スタッフがお客さんの好みのタイプから女性をチョイスします。
2019年03月09日 10時07分

路上スカウトにご注意!

イメージ
道を歩いていると突然声をかけてきて、「ナンパ?」と思いきや風俗スカウトマンだった・・・。
という経験はないでしょうか。

彼らは最初は何気ない会話から儲け話に誘導し、魅力的な話で心を惑わします。
しかし、スカウトマン、又はスカウト会社の収入は、自身でスカウトした女性が働いた収入に対するパーセンテージ(平均10%前後)でのマージンバックです。
そのため、自身の収益を上げるためにスカウトした女性を利用して段々と悪質で高収入な仕事を斡旋しくケースも多いようです。
気づかないうちに普通の風俗の仕事だけではなく犯罪行為に加担させられていた、なんてことにならないためにもスカウトは断固として断ることを推奨します。
 
断るのが苦手、という方でもとにかく無視をして足早にその場を去りましょう。
 
路上でのスカウト行為自体が条例違反となっています。
あまりにもしつこいスカウトマンがいたら近くの交番に駆け込んで守ってもらえばよいのです。
※最近では路上だけではなくTwitterなどのSNSを駆使したスカウト行為も増えています。顔が見えない分、対面で話をするスカウト行為よりも悪質な場合(違法風俗店への斡旋や犯罪行為の)がほとんどですので、うまい話には気をつけてください。
 
スカウトマンに引っかからないように当サイトのようにしっかりとお店の情報を確認している求人サイトをご活用ください♪
2019年02月09日 14時52分

新規開店のお店に所属するメリットとデメリット

イメージ
新規開店するお店に所属することに関しましてはメリット・デメリットがあります。
 
【メリット】
・新規のお客さんばかりなので、所属女性の中でも本指名率に差がなく、新人でも指名を獲得するチャンスが増えます。
・所属女性の数もそろってきたばかりなので、お客さんの目に留まる可能性が高くなります。
・新規OPENの店なので、客足自体も期待できます。
・女性を獲得するために特別な求人キャンペーンを開催している場合があります。
 
【デメリット】
・そのお店の会員が少ないため、時期や広告出稿量によっては安定した客足が望めません。お店に経験から成り立つノウハウが無い場合は集客にてこずる可能性があります。
・新規店舗の場合、充分な女性の数が揃えられないことがお客さんにとってはマイナスになる可能性が非常に高い。
などなど。
 
経験者でも未経験者でも新規開店のお店に入店することは可能です。
時間的に余裕があるのでしたら、とりあえずお試しで入ってみるのもよいかもしれませんね。
(数日の入店では曜日による集客率の影響も受けるので、ある程度の期間所属することがポイントかも・・・です)
2019年01月10日 11時49分

「写メ面接」と「通常の面接」の違い

イメージ
面接と言えば面接担当者とマンツーマンで過去の経歴やお仕事の内容の説明などを受ける時間です。

通常は面接するお店の事務所内や、お店の近くの喫茶店などで行なうことが多いのですが、出稼ぎなど遠くから働きに来る女性の場合、面接だけ受けにくることが簡単にはできません。
 
そこで、携帯電話で撮影した数カットの写真や過去に撮影した写真などをお店に送り、後はメールやSNS上で経歴を送ったり仕事内容の説明をしたり、というのが「写メ面接」と言います。
 
審査基準の厳しいお店ですと写真の段階で採用の可否判断がでます。
 
また、最近ではWIFI環境が整っていればカメラ通話での面接、という手段も可能になりました。

こちらの場合は写メだけでの面接よりも実際にどのような女性か把握しやすいので、面接の精度も高くなっています。

女性としても、どのようなスタッフが働いているか、想像するよりも実際に見ることができるので良いことではないかと思われます。
 
※スマホのスペック(能力)やアプリの進化で写真の加工も簡単にできるようになっているので、写真だけでの判断はできないこともあります。
 
なお、当サイトでも応募時に写真を添付する「写メ応募」機能を備えていますので、応募の際にご活用ください!
2018年12月08日 10時52分

風俗業界における「未経験」の定義とは

イメージ
単純に「未経験」といわれても何の経験の有無?と一部の女性には疑問もあるかと思いますので、一応解説。
 
風俗業界の「未経験」とはもちろん、風俗業界で働いたことがあるかどうか、という一点につきます。それは一般業界のバイト募集や社員募集で表記されていることと一緒です。

つまり、「性経験の有無」でもないし、「社会経験の有無」でもありません。
とにかく「風俗業界で働いたことがない」ということだけ、です。
 
ちなみに近い業種の水商売(キャバクラやパブ、スナック)で働いたことがあっても、風俗業界で働いたことがなければ「未経験」です。
ただし、セクキャバや違法ですが風俗に近いサービスを行なうようなお店で働いたことがあったら「経験者」というくくりになる可能性はあります。
 
未経験女性を入店させるお店としてのメリットとしては
・「未経験」とをうたい文句にするとお客さんが付きやすい。
・未経験者のほうが業界すれしていないので、扱いやすい。
という点があります。
 
でも実際は、お店側にとっては「経験者」でも「未経験者」でも大歓迎だったりします。
2018年11月08日 10時50分

罰金ってなんですか?

イメージ
「ノルマ・罰金無し」とセットで待遇に記載されていることが多い「罰金」は、「ノルマを達成できなかった場合に発生するもの」という意味合いが強いものです。
 
風俗業界では、前述の「ノルマってあるの?」という記事のようにノルマ自体が存在せず、お客が付いた分だけのバックをもらう、接客した分だけの実入りがある形を取っているので、「罰金」という制度も存在していません。
 
ただし、インターネットの発達により風俗業界の集客手段も大きく変貌し、多くのお店が女性にオススメする「写メブログの投稿」や「自撮り動画の投稿」など、ポータルサイトのコンテンツを利用した自己ピーアールを面倒臭がって行わないと、自分自身の収入にもだんだんと影響が出てきます。
 
罰金はありませんが、率先して自己ピーアールしていかないと、収入は増加していきません。
2018年10月08日 15時41分

ノルマってあるの?

イメージ
ノルマとは通常の業界であれば「最低でもこなさなければならない作業量」のことを指します。
分担作業であれば個人で担当する必要最低限の作業量であり、営業部門であれば最低売上目標であったりします。
 
水商売であれば、懇意にしてくれるお客さんに営業メールや電話をしてどれだけお店に呼ぶか、という成果に関してノルマを設けている場合もあります。

ただし、風俗業界ではこれは別です。
風俗業界の場合は、女性とお客さんが直接コンタクトを取ることは基本的にNGです。
そのため、女性が自分でお客さんに営業をかける手段はありません。
 
結果、風俗業界では「ノルマ」は基本的にはありません。(極めて少数のお店で他の条件でノルマを設けていることがあります。)
 
2018年09月11日 11時51分

戻る
1/3ページ